CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
MY FAVORITE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
曲のお話とか、コンデンサーのお話!!の日記
暑いけどエアコン使わないで寝てるぜ!!
でも昨晩はエアコンある部屋に無意識で移動していたのですが。

ドラえもんの道具の暑い暑いいうと涼しくなるドリンク欲しいわ!!
暑いと連発するとジャイアン、スネ夫みたいに氷になっちゃうよw

そう、「Shine Out!!」 がSTV「ぞっこんスポーツ」8月エンディングテーマに決まったよ。
毎週月曜日24:29〜24:59放送なので札幌のみんなは是非見てね!!

それに8/17(月)から4週間にわたって全国30局「MUSIC B.B.」にてこれまたfly sleep flyがパワープッシュだよ!! 「Shine Out!!」PV&コメントがオンエアされるからさ、これも是非見て下さい!!

「Shine Out!!」もちろん日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」にも出ちゃう!!8/7(金)、8/14(金)の番組内コーナー「サビNAVI」にて「Shine Out!!」のPVオンエアが決まっています。

楽しみだなぁ!!!!!

個人的には寝ないで作った「Shine Out!!」ギターイントロフレーズも報われるってもんだw

是非チェックしてみて下さい。



先日FRTトレモロシステムを交換した訳ですが、スタッドボルトの径が若干違うのね。
ついでに素材も違うみたいで当然質量が全然違う訳よ。
ネジの切り方も違うし。

自分的にはちょっぴり違和感があって、前の物に交換しました。
ばっちりです!!

同じ仕様のボルトを探すしか無いなぁ.....
作るかなぁ.....
そんな感じです。


前回のエレキ弾きの.....ってタイトルの日記の続きですが、ジャック、ポット、ワイヤーときたらコンデンサー交換!!

こいつはトーンポットに付いているパーツです。

トーンをしぼった時に効果が出るパーツですが、トーンをフルにしていても効果はあります!!

下手にエフェクター換えるより音変わりますよ!!

種類は色々!!セラミックとかオイルとかペーパーフィルムとか、まぁ沢山有る訳です。

このキャパシターには容量や耐圧なんていうのがあります。
一般的には

シングルコイル→0.047μF
ハムバッキング→0.022μF
P-90タイプ→0.022μF〜0.033μF


って言われていますけどね、お好みで選んでも良いと思います。
あくまでも基準でしょう。

僕はハムバッカーに0.03μFってやつ入れてます。

耐圧に関しても好みで良いと思います。
主観ですが、音の指向としては耐圧の高いタイプは割とハイも出てくる感じ、逆に耐圧の低い物は落ち着いたサウンドって感じでしょうか?

ギター内部に使うから高耐圧はいらないけど、僕は200〜400位で選んでますよ。

タイプもも色々あるけど。僕はフィルムタイプとかペーパーオイルタイプが好き。

オイルタイプは結構みんな注目していて人気有るけど、セラミックのやつとかもスゴくイイですよ!!
ハムにオイルとか定番ですが、ハムに高耐圧のセラミックとか悪そうな音が出て大好きです!!

結局は狙っている音と入れる楽器とのマッチング。

元々入っているヤツは耐圧50Vとかの頼りないセラミックとかなので、回路メンテする時は思い切って交換してしまいましょう!!

基準とか、基本って確かに初期設定する時の目安になるけど、自分の気持ちよい物を信じて突き進んで下さい。

そうすれば絶対に良い音にたどり着きます!!


ではまた日記書きますね
01:38 ギター改造やってみよう!! - -
やってみますか?!簡単ギター改造Vol1!!の日記
 夏本番です。
かなりの猛暑でシンドイですね。
この時期って湿気も強いので、ギターやベースみたいな木製の楽器にもしんどい季節なんです。

先日我らがfly sleep flyのドラムのショウもスネアの鳴りが悪くなって来たとかで木製のピッコロスネアからブラス(金属製)のDWのスネアに変更したようです。

僕は夏仕様にギターを調整しました。
各部品の取り付け具合とか、配線の変更でこの時期特有の変に膨らんで締まりのない音域をぐっと締まる音に変えてみたり。


ギターなんかだとアンプやエフェクター側の設定でも改善出来るので、少しでも違和感があれば色々と音色をいじってみてはどうでしょう?!




本日はギター改造のお話。

ギター購入する時ってどのくらいの価格の物を選びます?!
僕は正直高額なギターってほとんど持っていません。

プロと言われる人達が全員高額な楽器を持っているか?!特別仕様のオーダーメイド品を持っているか?!と言われると、実はそうでもなかったりします。


高額な楽器と一般的な価格帯の楽器の違いについては色々な要素があるので、また今度ということで。


楽器は価格じゃない!!と言いながら高級機種を使っている友人のミュージシャンがたまにいるので激突っ込みしたくなりますが、低価格帯の入門モデルでも高額な機種に迫る事も可能なので、その辺りを書いてみようと思います。



実は僕が購入するギターって定価が10〜20万円台位の物が多かったりします。
楽器店の安売りで購入すればそれこそ5〜7万円位で購入出来ます。
中高生のギター弾きの方々が選ぶ楽器と変わらない価格帯だと思います。

ただ使用頻度が多かったり、過酷な状況下で使用する事も少なくないので、それらに耐えられるように改造や調整を行ってからの使用を前提として入手します。



最近の低価格帯の楽器は上位モデルと変わらない仕様の部品が搭載されているモデルも数多くあるので、ちょっとした改造ですごく良くなりますよ!!


例えば弦を受け止めるペグやブリッジの変更、Vol等の電子部品の変更、配線の取り回し方、ピックアップの変更、これだけで相当良くなります!!


僕がまず真っ先にやる改造、電子部品と配線の変更です。


低価格帯のモデルの場合、生産コスト(社会科の先生に聞いてみてね)の関係でこういった部品でやはりコストを押さえている物も少なく有りません。

通常動作をさせるには申し分無いのですが、僕のような状況下での使用を考えると少々不都合が出てくる場合があります。

先ずはこれらの交換です!!

僕がギターを買うと真っ先にやる改造。

Volやtoneの部分の部品、コントロールポットを交換します。

国産のモデルの場合、やはり国産規格の部品の使用が多い訳で、中には小さな容量の小さなポットが付いている事も少なくありません。

僕の場合はこいつをCTSというメーカーのポットに交換して上げます。

高級機種なんかはほぼこのCTSっていうメーカーのポットを使用しているかと思います。

耐久性も申し分ないし、小さなポットから交換してあげると音もパワーアップするはずですよ!!
部品代も一個800〜1000円程度で購入出来るし、楽器店なんかでも入手可能です!!
秋葉原みたいな電子パーツが売っているところにいけばもっと安いし、ミリタリースペックの特殊なヤツも入手可能かな?!
まずはこいつ入手してを元々の部品とそっくり入れ替える所から始めてみましょう!!

このポットというヤツは用途によって数値が色々あります。
ギターだとハムバッカーピックアップなら500Kという数値、シングルコイルピックアップなら250Kという数値が一般的です。
EMGなんかのアクティブ系ピックアップは25kなんていう数値を使います。

あとはパーツの袋にAカーブとかBカーブって書かれていると思います。(AとかB以外のカーブもあるけど、楽器店とかに置いてあるのはAかBかと思います)



数値に関しては、この一般的な物を選んでおけば間違いないと思います。
もしハムバッカーでもう少し高域を押さえたいなんて場合には300Kなんて物を入れても良いかも.....みたいな裏技もあります。この辺りは追々書いて行きます。

カーブに関しては分かりやすく書くと、ポットを回した時の音の変化に影響があります。
Bカーブは直線的な音の変化、Aカーブは緩やかな音の変化のような感じです。



メーカーによって、VolにBを使う所もあれば、Aを推進する所も有りますしtoneも同様です。
僕はVolにBカーブ、toneにAカーブを使う事が多いです。


これらを付け替える時に、国産ギターの場合そのままでは取り付けが出来ない場合があります。

そう、国産規格のミリの部品を前提に穴をあけている楽器の場合、インチ規格のパーツが入らない事が多々あります。穴が小さいんですよね。

この場合、穴を削って広げてあげる必要があります。

例えばピックガードにマウントされている物でしたら最悪失敗してもピックガード交換で済みますが、ボディーに直接取り付けられている場合ボディーを削る事になるので慎重に!!

自信が無い場合は迷わずリペアショップに依頼しましょう!!

でも慎重にやれば意外と自分で出来ます。
自分でやるぜ!!って方はホームセンターに売っているリーマーという工具を入手して挑戦してみて下さい。
意外と簡単に出来ます!!

リーマーっていうドリルみたいな工具でグリグリと穴を広げてあげれば簡単にインチ規格のパーツが装着出来ます。

これでポット類を全て交換して配線し直せば完成です!!


この改造は本当にオススメなので、是非とも挑戦して頂けたらと思います。


それとポット類は消耗部品なので、回した時にノイズが乗るような場合は洗浄剤を吹き付けて様子をみたり、場合によっては交換をオススメします。
僕は1年位に一度は交換するかなぁ。


では、次回はポットを交換ついでに出来る改造を紹介してみたいと思います!!


マニアックで毎度スミマセン。

この夏は久しぶりにサーフィン行って来ます!!
夏にサーフィンってww
昔は春でも冬でも海入っていたなぁ。
季節サーファー、楽しんできます!!

オフィシャルサイトのプロフィール、一応趣味サーフィンなのでwww
04:25 ギター改造やってみよう!! - -
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.